エアコンを入れて1分間の平均風速が2.5m/秒から3.2m/秒に!これはカビ、ホコリなどによるエアコンの負担やロスがカットされたため!効率がよくなると、電気代の節約や故障の軽減にもなります。

エアコンの中が埃で詰まると空気吸い込む力が良くなり、また、吹き出し口から出る風の力も弱くなります。

エアコンには、サーモ機能というものがあり、早くいえば温度を感知して設定温度になるとエアコンを一時的にストップさせてくれる機能です。風量が弱くなるとなかなか設定温度にならないため、エアコンの室内機、室外機共に運転し続けることになるからエアコンの稼働率もあがり、消費電力もUPします。また、稼働率が上がるということはエアコン本体の寿命を短くするということにも繋がります。